糖尿病によって陥る合併症はまさに恐怖でしかない。

目安時間:約 20分

糖尿病の症状を抑えるために、

まずは、糖尿病は本当に怖い病気であることを

しっかりと理解しないといけません。

 

 

「血糖値が高いけど、別に体の調子悪くないし。」

「糖尿病と言われたけど、特に異常もないから別にいいっか。」

 

 

 

なんて思っていたら、

数年もしないうちに本当に痛い目を見るはめになります。

 

 

 

今回の記事では、

あなたに痛い目にあってほしくないので、

糖尿病が原因で引き起こすことになる。

 

 

 

「恐怖の合併症」について詳しく書いていきます。

 

 

糖尿病性神経障害とは?

 

 

201

 

 

あなたの体の全身が標的になる、

「糖尿病性神経障害」

 

 

糖尿病の治療がしっかりと行われていないと、

神経障害が現れます。

 

 

 

人によっては、「糖尿病型」になる前から

生じることもあります。

 

 

人の神経というものは

全身に及んでいますから、

 

 

 

その障害も

さまざまな形で全身に現れてきます。

 

 

 

例えば、

 

 

 

糖尿病性神経障害は、

 

 

 

  • 末梢神経(知覚神経・運動神経)の障害
  • 消化器・呼吸器・循環器の働きなどにかかわる自律神経の障害

 

 

 

の2つに分けられるわけですが、

 

 

 

高血糖状態を放置していると、

急激に発病して悪化することが多いです。

 

 

 

糖尿病が軽いの段階でも

注意信号だと思って対処するべきです。

 

 

 

糖尿病性網膜症とは?

 

 

糖尿病の合併症が目に現れる場合

4割以上の患者に合併する「糖尿病性網膜症」

「糖尿病になると目をやられる」といわれています。

 

 

 

それは「糖尿病性網膜症」

という合併症の事を指しています。

 

 

 

眼球の奥に広がる網膜(光を感じる部分)

には細小血管が分布していますが、

 

 

それが損傷を受けるために起こるものです。

 

 

 

糖尿病になって2~5年で4割以上の人に現れ

 

 

その4分の1ほどは

次第にに症状が進んで、かなり重い症状に至ります。

 

 

 

糖尿病性網膜症による失明者数=年間3000人以上

 

 

 

糖尿病性腎症とは?

 

 

老廃物のろ過装置が故障する「糖尿病性腎症」

腎臓には、糸球体という

糸玉のような細小血管がたくさん入っています。

 

 

 

その細小血管が損傷を

受けて起こるのが「糖尿病性腎症」です。

 

 

 

体内の老廃物を

ろ過する装置が故障するわけですから、

事態はとても深刻です。

 

 

 

何年か前に、

その兆候をとらえる検査法が開発され、

 

 

大事に至る前に

治療を始めることができるようになりましたが、

 

 

定期的に

通院する習慣になっていないと、それも不可能です。

 

 

 

糖尿病性腎症による

人工透析者数=年間約7000人

 

 

 

糖尿病性神経障害の症状

 

 

 

知っておきたい糖尿病の合併症の進み方

糖尿病性神経障害の主な症状

 

 

末梢神経障害 知覚神経の障害

 

 

  • 手足のしびれやほてり
  • 痛覚、触覚の過敏や鈍麻
  • 運動神経の障害(筋収縮が起きることも)

 

 

 

自律神経障害  胃腸の機能障害

 

 

 

  • 便秘と下痢
  • 胆のうの機能障害(胆のう炎へつながる)
  • ぼうこうの機能障害(ぼうこう炎へつながる)
  • 心臓の神経障害
  • 起立性低血圧(立ちくらみ)
  • 勃起不全
  • 発汗障害

 

 

 

その他 ・顔面神経麻痺

 

 

  • 視覚異常
  • 聴力異常

 

 

 

糖尿病性腎症の進み方

 

 

無症候期 兆候をとらえにくく、

発症の発見が難しい時期

 

 

早期腎症期 当初、

尿に微量のアルブミン(タンパク質)が現れ

 

 

やがてたんぱく尿が時々でるようになる時期

 

 

顕性腎症期

たんぱく尿が続くようになる時期。

 

 

この時期までに

治療をしっかり行わないと回復が難しくなる

 

 

腎不全期

腎臓の働きが大きく損なわれる時期

 

 

 

尿毒症期 腎臓がほとんど働けなくなり、

人工透析が必要になる時期

 

 

神経障害は突然死の危険性も

 

 

3大合併症の中では、

神経障害が軽視されがちです。

 

 

しかし、重い自律神経障害に陥っていると、

突然死の危険と背中合わせの状態になります。

 

 

 

例えば自律神経は脈拍、

つまり心臓の拍動を司っています。

 

 

 

その神経に異常をきたすとどうなるでしょうか?

 

 

 

また、呼吸を司るのも自律神経です。

 

 

心臓と呼吸の両方に関係していますので、

 

 

いかに危険であるか

は容易に想像できるのではないかと思います。

 

 

 

糖尿病の合併症の検査について

 

糖尿病合併症の検査とは?

 

 

 

糖尿病は、

痛みや浮腫など内外面的に疾患症状が無いです。

 

 

ほとんど

自覚症状がほとんどありません。

 

 

健康診断や人間ドックで

血糖値の高いことを指摘されても。

放置してしまう人が多く見受けられます。

 

 

 

それもそれであなた自身の選択なので、

なんとも言えない部分はありますが、

 

 

適切な処置や生活習慣の改善を

図らなければ血糖値が高い状態が続きます。

 

 

それだけでなく、インシュリンの分泌が止まってしまったら、

もう最悪です。

 

 

常に血糖値を上げる

事態を引き起こしてしまいます。

 

 

 

 

また、血糖値が高い状態が

続くことで他の疾患と合併症を

引き起こすこと多くあります。

 

 

 

例えば、自覚症状として

 

 

 

  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • 神経障害
  • 網膜症

 

 

などの自覚症状が出てきます。

 

 

病院ではどのような診察を受けることになるのか?

 

 

病院で受ける合併症の診察として

最も多いのは。

 

 

アキレス腱反射になります。

 

 

 

 

神経障害を疾患していると

神経細胞の伝達が正常に行われなくなり、

膝小僧をたたいても反応しなくなってしまいます。

 

 

 

また、呼吸心拍変動を検査することで、

自律神経への影響を検査することが出来ます。

 

 

自律神経は、

脳や心臓など主要臓器をコントロールするうえで重要な働きを担っています。

 

 

 

網膜症の検査について

 

 

網膜症の検査には、

眼底検査を行うことになります。

 

 

高血糖症による白内障を

併発することが非常に高く、

最悪は失明の危険性もあるため、

 

 

 

糖尿病の人は

定期的に眼底検査を行う必要があります。

 

 

 

腎症の検査で一般的なものとして、

尿タンパク検査があります。

 

 

腎臓機能低下により

タンパクが分解されずに尿として排せつされている

のですが、重度の尿タンパクの場合、運動療法の危険性が出てきます。

 

 

糖尿病性白内障の症状と原因について

 

 

糖尿病を発症すると

 

 

 

  • 視力低下
  • 目のかすみ
  • 目の疲労感

 

 

 

このような症状が出てきます。

 

 

 

 

このような現象が起きている人は

注意が必要です。

 

 

 

あなたは、「糖尿病性白内障」の前兆状態にあります。

 

 

原因は

インシュリンの分泌が損なわれているからです。

 

 

 

栄養素であるブドウ糖が

尿として排泄されてしまい、

 

 

各臓器に行きわたらなく

なってしまっているためによる症状なのです。

 

 

 

糖尿病初期の段階では軽い目の

かすみ程度によるものですが、

 

 

長期に渡り

眼球にブドウ糖が少ない状態が続いてしまうと、

 

 

白内障や緑内障と言った

網膜症を引き起こすことになります。

 

 

眼球は、目に入った光が

水晶体で一点に集められ、

 

 

網膜に見えているものが像として映し出されています。

 

 

 

この網膜は、

無数の毛細血管が繋がっており、

 

 

 

この毛細血管から

酸素や栄養素を摂り入れています。

 

 

糖尿病により高血糖となり

血管に血栓が出来てしまうと網膜に

十分な栄養素や酸素がいかなくなってしまいます。

 

 

 

この状態になると目のかすみや

疲労感を感じるようになるのですが、

 

 

この状態が続くようなことになると、

眼球の網膜と水晶体が剥離する網膜剥離症となり、

 

 

極度に視力が低下する視力障害となってしまいます。

 

 

 

また、視力が低下するだけでなく、

焦点が合わないため実際のものの位置や

距離が正確につかめなくなってしまいます。

 

 

これが「糖尿病性白内障」です。

 

 

 

このような状態で、

 

 

 

  • 車の運転
  • バイクの運転
  • 自転車の運転

 

 

などを行ってしまうと取り返しの付かない状態になります。

 

 

さらに日常生活においても

様々な支障が出てくることは言うまでもないですよね。

 

 

 

網膜剥離症は、

眼科でレザーを使って

網膜と剥離した水晶体を結合させる処置を行うことになりますが、

治療が遅れてしまうと、

 

 

 

手遅れになり、確実に失明してしまいますので、

糖尿病になったら、

 

 

 

運動療法

食事療法

 

 

を行って、血糖値コントロールをしっかりと行い所です。

 

 

記事が長くなってしまったので、

続きは下記の関連記事より、

時間があるときにでも読んでいただければと思います。

 

 

 

糖尿病が怖いと言われる理由は、

糖尿病によって引き起こされる合併症になります。

 

 

 

全身の神経が訳のわからない状態になり、

足の指を失って、足自体を失い。

失明して、脳梗塞で死ぬなんて絶対に嫌ですよね。

 

 

 

そうならないために普段の生活習慣の改善は、最低源

糖尿病になった時点で考える必要があります。

 

 

当サイトでも食事療法について、

 

 

 

糖尿病の人にいい食事や

運動の仕方など、

 

 

 

訳があって、病院に通うことのできない人に向けた

役に立つ情報をどんどんシェアして行きます。

 

 

 

私も糖尿病にかかってしまって、

最初の方は、全然、なんともなかったのですが、

 

 

病院に通わずに普通の生活を続けていった結果。

 

 

 

  • すぐに足がむくみ走ることができない。
  • 目がすぐにつかれる
  • 毎日がダルい
  • すぐに眠くなる。
  • 仕事をやめる
  • 性欲の低下
  • のどがすぐに乾く。
  • おしっこの回数が多すぎる
  • 泡一杯のおしっこ毎日でる。

 

 

 

など様々な症状が出てきました。

 

 

 

こうなってほしくはないので、

しっかりとした食事。運動を行って、

改善して頂ければと思います。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ