糖尿病の治療に使われるインスリン製剤の作用と種類について

目安時間:約 8分

糖尿病と言えば、

 

 

注射っていう

イメージをもっている人も多いかと思います。

 

では、あの痛そうな、注射とは、

 

 

  • いったい何なのか?
  • どういったものなのか?
  • 外来で出来るのか?

 

 

など、

 

 

 

糖尿病の治療に使われる注射について書いていきます。

 

 

 

インスリン注射

 

 

糖尿病と言えば、

インスリン注射でしょ!

 

 

 

っと言う風に知られているケースも多いわけですが、

 

 

 

「そもそもインスリンってなんですの?」

 

 

 

っと思われいる人もいると思うので、

インスリンについて書きますね。

 

 

 

 

インスリンは、

膵臓で分泌されて体内の血糖値を下げる作用があるホルモンです。

 

 

また、それとは逆に

血糖値を上げるグルカゴンっというホルモンもあります。

 

 

 

糖尿病の基本的な治療は、

 

 

  • 食事療法
  • 運動療法

 

 

になります。

 

 

さらに糖尿病の進み具合によって、

 

 

 

運動療法や

食事療法では血糖値コントロールができないっと医師は判断した場合。

 

 

 

経口薬の服用となります。

 

 

 

経口薬は、さまざまな副作用があったりするので、

できれば、糖尿病初期段階で経口薬を使わないのが一番です。

 

 

 

こちらは、

膵臓である程度のインスリンが出ている場合や

食後のインスリン調整が正しく機能していない人が受ける治療になります。

 

 

 

しかし、膵臓「すいぞう」での

インスリン分泌の機能が止まってしまった場合は…

 

 

 

インスリンが全くでないので、

インスリンを補わないといけません。

 

 

 

その為、インスリン薬を

静脈注射「じょうみゃくちゅうしゃ」することになるのです。

 

 

 

遡ること数年前

糖尿病を患いインスリン注射を打つようになったら

 

 

 

もう末期に近く、

残された時間「命」の灯はあとわずか…

 

 

 

っというような迷信がありましたが、

 

 

 

実際にはそのようなことはないのです。

 

 

 

そのような迷信が出回った理由は、

 

 

 

現在よりも

糖尿病による合併症の研究が行われていなかったことが挙げられます。

 

 

 

なので、

当時は、本当に最悪の時代だったでしょうね…

 

 

 

脳梗塞や心筋梗塞になり

 

 

 

亡くなってしまって

ゲームオーバーになる人が非常に多かった。

 

 

現代がどれだけ恵まれているのか?

改めて感謝の気持ちで一杯です。

 

 

 

インスリン製剤について

 

lgf01a201412151600

 

 

 

 

インスリン製剤は、

作用が発現する時間と作用の持続時間で

分類されています。

 

 

 

どの種類のインスリン製剤を

投与するかは主治医が検査をして

 

 

 

  • 年齢
  • 合併症はあるのか?
  • 生活パターン

 

 

などを考えて使い分けられるのが一般的な考え方です。

 

 

また回数や量なども

医師の指示通りに投与することになります。

 

 

 

インスリン製剤の注射投与が必要となると、

医師から製剤や注射の使い方や投与の仕方などの説明されます。

 

 

主観的になり、自分勝手に投与する

ことは非常に危険な自殺行為になります。

 

 

また、女性なら生理日

 

 

男性でもシックディの時。

 

 

 

シックディとは、「発熱、下痢、嘔吐」があったり

食欲不振などの状態です。

 

 

このような場合は、

運動は控えたほうがいいですが、

 

 

 

インスリン製剤の注射は

欠かさずに投与する必要があります。

 

 

 

以上がインスリン製剤についてでした。

 

 

 

インスリンを投与するようになる前に、

自分は糖尿病かもしれない。

 

 

そのように思う節があれば、

 

 

糖尿病は本当に危険な病気なんだ!っという自覚をもって。

 

 

まずは

医師に相談しましょう。

 

 

病院にかかることのできない人でしたら、

 

 

 

食事療法を行う。

運動療法を行う。

 

 

この二つを習慣化することで

血糖値をコントロールできる場合もあります。

 

カテゴリ:糖尿病薬  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ