糖尿病の人に推薦、糖質制限者必見の食品10箇条とは

目安時間:約 20分

近年なにかと話題になることが多い糖質ダイエット。

糖質を抑えた食事をすることにより、

 

 

体質を変え、

脂質をエネルギーにかえるケトン体に変化。

 

 

 

パフォーマンスを向上させ、

 

 

 

日中の眠気がなくなり、集中力が増加。

夜は熟睡できる。

 

 

IQがアップする、

痩せる、健康にいい。

 

 

 

っと魅力たっぷりの糖質制限。

 

 

 

今回の記事では、糖質制限者必見の10箇条という

テーマで記事を構成していきます。

 

 

 

糖尿病の糖質制限食品

 

 

vegetables-928855_1920-400x270-mm-100

 

 

糖尿病の糖質制限食品といっても

あまりピンとくる方はいないかもしれません。

 

 

いや…最近は、

ライザップなどの糖質制限が流行っているので、

ピンピンきている人も多いですよね。w

 

 

 

過去の日本の糖尿病治療では、

 

 

 

  • カロリー制限
  • 薬物療法

 

 

 

の2つしか、糖尿病患者さんには

選択肢がなかったのです。

 

 

 

糖尿病と診断されると、

医師からはカロリー制限をするように指示されます。

 

 

 

にもかかわらず、

糖尿病の患者さんの多くは、

悲惨な末路をたどるといわざるをえません。

 

 

 

日本では一年間に、

 

 

 

糖尿病腎症から人工透析を余儀なく

される人が16271人(2010年時点で)

 

 

 

糖尿病網膜症から

失明する人が約3000人、

 

 

 

血液の末梢循環障害による壊死

で足を切断する人が約3000人もいるのです。

 

 

 

過去のデータですが、

2016年の最新情報などを見ても年々増加しています。

 

 

 

なぜ、こんな異常な事態が

未だに起こっているのでしょうか。

 

 

 

医師の中には、

ひとえにカロリー制限食と薬物療法

 

 

 

血糖降下剤や

インスリン注射の弊害と指摘している方も大勢いらっしゃいます。

 

 

 

まず、カロリー制限食を行った所で、

 

 

血糖値を低レベルに

コントロールする事はできません。

 

 

むしろ、日常的に食後

高血糖が頻発するだけです。

 

 

 

みなさんは従来のカロリー制限食で

 

 

炭水化物「糖質」と「食物繊維」をどれだけ摂るかご存知でしょうか?

 

 

 

日本糖尿病学会で

推奨されている炭水化物の摂取割合は

 

 

 

食事全体の50~60%です

 

 

つまり食事の半分以上が

血糖値を上昇させる食べ物で占められています。

 

 

 

カロリー制限食は、

むしろ高血糖食と言い換えてもいいほどです。

 

 

 

高血糖食をとっていたら、

いくら摂取カロリーを少なくしても食後血糖値の急上昇は防げません。

 

 

さらに問題なのは

食後高血糖だけでなく、

血糖値が大きく上がったり下がったりを繰り返すことです。

 

 

 

カロリー制限食で

食後血糖値の急上昇が起こると、

 

 

体内の

血管が傷つきます。

 

 

さらに、血糖降下薬を服用したり

インスリン注射を打ったりしたら、

 

 

 

異常に高くなった

血糖値が急激に下がって平均血糖動幅が増大してしまいます。

 

 

 

なので、

 

 

 

カロリー制限食と薬物治療を続けていると

目や腎臓をはじめとする臓器の血管が

 

 

どんどん蝕まれ

 

 

 

眼病や腎臓病、足の末梢循環障害といった

合併症が進行してしまうのです。

 

 

 

まさに落とし穴ですよね。

 

 

 

また、糖尿病の治療では、

運動療法を併せておこないますが

 

 

 

血糖値の上がりやすい糖尿病の患者さんが

糖質を常食していたら、

いくら体を動かしたところで焼け石に水と言わざる負えません。

 

 

カロリー制限食で

糖尿病の合併症を防げない事は

 

 

今や生理学的な事実であり、

 

 

 

  • 人工透析
  • 失明
  • 足の切断

 

 

 

といった最悪の事態から、

糖尿病の患者さんを救う新たな方法があります。

 

 

 

それが、糖尿病の糖質制限です。

 

 

 

そんな糖質制限の魔法のレシピ10箇条を今回は紹介します。

 

 

 

糖尿病の糖質制限食品10カ条

 

13_%e9%a3%9f%e3%81%b9%e7%89%a9%e7%b7%a8

 

 

 

10箇条ということなので、

ひとつひとつ説明していきたいと思います。

 

 

1:たんぱく質と脂質を中心にした食事をとる

 

 

 

これは体質改善になります。

 

ライザップなどのダイエットも糖質を一切取らずに

脂質を中心に食事をとっていきます。

 

 

2:糖質は極力控える

 

 

 

  • 白米
  • 精白パン
  • 麺類の他

 

 

お菓子や白砂糖

など、「精製された」高糖質食品を避ける必要があります。

 

 

 

3:主食をとる場合は、未精製の穀物を選ぶ

 

 

 

主食をどうしてもとりたい場合は、

 

 

血糖値の上昇が

ゆるやかな未精製の玄米・もち麦・全粒粉パン・十勝そばを選ぶとよい

 

 

 

尚、もち麦ですが、

もち麦は、食べても血糖値が上昇しないので、

おすすめです。

 

 

 

4:飲料は牛乳や果汁は飲まず、水やお茶を飲む

 

 

 

ジュースや清涼飲料水は糖質が多いので注意

 

 

 

コーラなんて絶対にダメですよ。

 

 

 

「え?まじか…0コーラならいいでしょ?」

 

 

 

ダメです。

特に、糖尿病の人なら、なお更です。

 

 

 

なぜなら、0コーラやほかの0飲料で使われているケースの多い

アスパルテームという甘味料は

 

 

 

血糖値を激しく上下揺らし、

摂取して以降、血糖値が3日間安定しなくなるからです。

 

 

 

甘味料を使う場合、

 

 

  • エリスリトール
  • ステビア
  • キシリトール

 

 

 

がいいです。

血糖値が上昇しないので、

「Amazonなどのネット通販で買えます。」

 

 

 

牛乳も乳糖が含まれるので避けましょう。

 

 

 

豆乳は成分無調整のタイプを選ぶようにします。

 

 

 

ただ、豆乳にしても、

カビ毒素が強い場合が多いので注意が必要です。

 

 

 

身体に入れるなら

水が一番いいです。

というか、水しか飲まないほうがいいです。

 

 

一日の平均は

 

 

 

  • 男性なら3リットル。
  • 女性なら2リットル。

 

 

 

飲むといいと言われています。

 

 

 

水は血液をさらさらにします。

 

 

 

ただ、水もしっかりと浄水した水を飲むようにしましょう。

ペットボトルの水だと、

すぐにゴミが溜まります。w

 

 

 

 

5:野菜・海藻類・キノコ類は適量だけ摂り、果物は少量に

 

 

 

果物には、

糖質が含まれているので注意が必要です。

 

 

 

果物でおすすめできるのは、

 

 

 

アボカドです。

 

 

 

アボカドは野菜と勘違いされることが

多いのですが、実は果物です。

 

 

 

森のバターとも呼ばれるアボカドですが、

栄養素も半端ないです。

 

 

 

私のおすすめは、

スモークサーモンでアボカドを包み込んで食べることです。

 

 

 

尚、キノコ類は、カビ毒素が強いので、食べすぎには注意です。

 

 

 

野菜はなるべく、茹でて食べるといいです。

焼いて食ベる場合、焦がさないように最善の注意をして調理します。

 

 

 

尚、野菜はあまり生で食べないほうが良いです。

なぜなら、ガンの原因になる成分が入っているからです。

 

 

 

火を通すことにより、無くなります。

 

 

 

6:油はオリーブ油や魚油をとり、リノール酸は減らす

 

 

 

心臓・脳血管系疾患や

アレルギー性疾患の原因になる

 

 

 

リノール酸の多いサラダ油やコーン油は避け、

 

 

 

DHA・EPA・αリノレン酸、オレイン酸の多い魚油

 

 

 

エゴマ油・オリーブ油を積極的に摂る

 

 

 

最近では、

ココナッツオイルなども注目されています。

 

 

 

ココナッツオイルのさらに希少部分の

MCTオイルが一番おすすめできます。

 

 

 

アボカドオイルなどもいいです。

 

 

 

MCTオイルと

グラスフェットバターと呼ばれる牧草牛の無塩バターと

カビ毒素の少ない国のコーヒー豆「グァテマラ」

 

 

 

で作った、完全無欠コーヒーが人気を集めています。

 

 

 

朝の一食を完全無欠コーヒーにするだけで

痩せることができるので、

ダイエットしたい人にもおすすめです。

 

 

 

嬉しいことに

腹持ちもいいです。6時間は持ちますよ。

 

 

7:マヨネーズやバターは?

 

 

 

マヨネーズが無糖のものを選ぶ、

バターはOKだが心臓病の原因と問題視されている

 

 

 

トランス脂肪酸の

多いマーガリンは絶対にダメ。ただの毒です。

 

 

 

尚、バターはグラスフェットバターにしましょう。

「Amazonなどで購入できます」

 

 

 

ソースやケチャップは糖質が多いです。

極力減らすといいでしょう。

 

 

 

8:お酒は焼酎やウイスキーなどの蒸留酒を適量なら?

 

 

 

  • 焼酎
  • ウイスキー
  • 蒸留酒

 

は適量なら飲んでも平気です。

 

 

ですが、

 

 

  • ビール
  • 日本酒
  • 白ワイン

 

は控えるようにしましょう。

 

 

尚、

お肉料理に飲みたくなる、

赤ワインはグラス1杯ならギリOKにしときます。w

 

 

 

いや、普通にグラス一杯なら大丈夫だと言われています。

 

 

 

9:間食は?

 

 

チーズやナッツなら大丈夫です。

 

 

菓子類やドライフルーツは食べないようにしましょう。

 

 

 

10:添加物には注意します。

 

 

添加物は取らない方がいいです。

添加物は身体に毒なので。

 

 

 

 

最後に糖質制限に向かない人について

 

 

 

糖質制限食が向かない人がいます。

 

 

それは、

 

 

  • 血糖値降下薬
  • インスリン注射

 

 

 

による糖尿病治療を

受けている人です。

 

 

なぜなら、

 

 

低血糖発作を起こす恐れがあるからです。

 

 

 

医師と相談してから実行する事が肝心です。

 

 

 

また、クレアチニン値が高いなど

腎臓の働きが低下している

 

 

 

活動性のすい炎がある、

肝硬変がある場合には、糖質制限食は適応となりませんので注意して下さい。

 

 

 

以上で糖尿病の人必見の

糖質制限食品の紹介を終わりにします。

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ